いつものことではあるけれど

アクセスカウンタ

zoom RSS 八幡堀…そして 待ったこの日 2013

<<   作成日時 : 2013/06/30 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 107 / トラックバック 0 / コメント 32

ここのところなんだか忙しくって、夜毎 うたた寝の日々   

画像
 


Sugar Me / Claudine Longet

梅雨時の或る曇りの日 
仕事で近江八幡へ行った   

急に激しい雨が降りだしてもおかしくない 最近の空模様   
雨に遭う前に日牟禮八幡宮にお参りしないと    

画像 
画像

近江八幡はおじいさんの生まれ故郷 
今も親戚のおばさんやおじさんが生活している  

小学校四年生から五年生に変わる頃  
日牟禮八幡宮の左義長祭に連れてもらったのはボクの大切な記憶だ     

画像
楼門の幕にも本殿の屋根の所にも徳川の葵の御紋  
八幡宮だけに徳川からの手厚い庇護を受けていたんだろうな  





お参りを済ませ、いつものように八幡堀へと向かう  

画像

八幡堀に 彩りあざやかな紫陽花     

画像

約束の時間が迫っていた 
また改めて八幡堀に来る事にしよう  


えっ、例年の事…なんか忘れてませんかって?  

忘れることなんて出来るはずもありません 
今日は6月30日 
蒸し暑い夏を乗り越えるため、この日は水無月を食べなアカンのです 

画像


もしも…もしも水無月を食べなかったら夏に負けてしまうかもしんない ※2    


◇◆◇◆◇◆◇ 
※1
クロディーヌ・ロンジェ 
カレン・カーペンターと同じくA&Mレコーズの歌姫 
アンディ・ウィリアムスの元奥さんとしても有名 

今回この曲を選んだのは なんて言ったらいいんでしょ…えーっとォ…  
水無月が出てくるからだけの理由だったのでした  

"Sugar Me”って "私の機嫌をとって"って意味みたい 
英語って不思議…   
スピード・ラーニングしたらこれ、すぐ解るのかなァ…  

※2 
今回水無月を用意したお店は 松尾大社すぐ側の"松楽”さん 
お茶の先生に 
「ココはなかなかえ」ッと連れてもらったお店なのです 



待ったこの日 
http://312224.at.webry.info/201006/article_10.html 
待ったこの日 2011 
http://312224.at.webry.info/201107/article_1.html 
待ったこの日 2012 
http://312224.at.webry.info/201207/article_1.html  



Very Best of
Varese Sarabande
2000-05-09
Claudine Longet

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Very Best of の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

SUGAR ME
テイチクエンタテインメント
2011-09-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SUGAR ME の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

るるぶ滋賀 びわ湖'13~'14 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
2013-01-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ滋賀 びわ湖'13~'14 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 107
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは☆彡
今年も「待ったこの日」がやってきたのですね。
甘い香りが漂ってきそうです〜。
近江八幡・・・
滋賀県ですね〜!
八幡堀って行ったことがあるような・・・。
何だか懐かしい風景です〜。
紫陽花が綺麗で、以前の景色とまた違った美しさがありますね〜。
お忙しい日々が続いていらしゃるのですね。
どうぞお体に気をつけて・・・
お過ごし下さいませ。
cafe
2013/06/30 23:18
Sugar me、なつかすぃ〜!!
紫陽花の季節ですね♪
監督
2013/06/30 23:35
最初の画像、日本画かと思いました!!
グレーの水面と花の構図が美しいですね〜♪
クロディーヌ・ロンジェ、懐かしいです〜〜☆
綺麗な人だなぁ〜とかつて思っていました。

今年もこちらのお菓子を食べて、夏を乗り切ってください!
komichi
2013/07/01 00:25
1枚目の画像は近江八幡のハナショウブでしょうか。落ち着いた色彩で綺麗ですね。

今年も「水無月」を食べられたのですね。
私は買い忘れて、今年は食べそこなってしまいました。
サラ&メル
2013/07/01 01:37
こんにちは。

お忙しいんですね。
お疲れ様です。

近江八幡、いいですね。
町並みや堀はいいですね。
水無月。。。夏の和菓子って感じですね。
これで夏を乗り越えられますね。
トトパパ
2013/07/01 10:13
近江八幡の八幡堀の風情、実にいいものですね。
この季節の花が彩りを加えて味わい深かったでしょうね。
子供の頃の思い出の地、やはり感慨があるのでは。私も最近そんな思いを味わってきました。
水無月の切り分けられた様子が実に美味しそう。特に横から見るのがいいですね。
ミクミティ
2013/07/01 21:07
ああ、あれからもう一年経ったんだぁって

これから毎年思うようになるんだなァ きっと^−^
ひばり組らん太郎。
2013/07/02 05:47
こんばんは。
近江八幡、綺麗な景色ですネ。大阪からだと行けそうでなかなか行けない場所。ちょっと憧れます
「水無月」は6月30日に頂く習慣があるのですか?昨年の今頃、京都に行ったとき、デパ地下のお店で勧めて頂いて、お土産に買って帰ったことがあります。とても喜ばれました。今年は食べそびれました。また、味わってみたいお菓子です
WEST
2013/07/02 21:22
風景&あじさい、きれいですね〜
いつかまた行ってみたいなの八幡宮。
水無月、むこうに見えるは抹茶味ですか?
おいしそう〜
らぱん
2013/07/02 22:10
落ち着いた近江八幡の景色ですね。一枚目の写真は日本画のようですね。素敵です。小さい頃の大切な思い出が残るのが近江八幡なのですね。私のそれは高野山です。
水無月、食べないことには夏を越せませんよね。夏越の祓のようなものですね。
ポン太
2013/07/02 22:26
コメント、有り難うございます。
よォこそお越しなんだワン!
近江八幡は昔ながらの街並みが残されており、懐かしさを感じてもらえるのでお薦めです。
また水郷めぐりが楽しいので、今度こちらへ来られた時に如何でしょうか。
今年も楽しみにしていました、水無月。
これを食べないと7月が来ないんじゃないかと思うくらいです。
cafeちゃんへ
2013/07/03 00:35
コメント、有り難うございます。
"Sugar Me”このウィスパーボイスで緊迫感漂わされると、正座して聴いてしまいます。
紫陽花、実はもっと写真撮ってます。
カメラ替えたもんで…。
監督さんへ
2013/07/03 00:38
コメント、有り難うございます。
最初の写真、ボクも気に入ってます。
前日までの雨で八幡堀も濁ってたのですが、それも佳かったんじゃないかと思ったりします。
クロディーヌ・ロンジェのキレイな顔立ちで囁くような歌声…ハープ・アルパートがスカウトに行った気持ち、よーく解ります。
今年も水無月を食べる事が出来たので、夏を乗り切る勇気が湧いてきました。
komichiさんへ
2013/07/03 00:44
コメント、有り難うございます。
今回 他の花菖蒲はしおれていたのですがこの白の花菖蒲だけがキレイに咲いていました。
堀の上を歩いてる時に見つけたのですが、思わずシャッターを切ってしまいました。
水無月は京都と滋賀の一部しかその風習がないらしいのですが、もっと全国的に広まって欲しいと思ってるのはボクだけなのでしょうか。
サラ&メルさんへ
2013/07/03 00:48
コメント、有り難うございます。
ここ数日忙しかったので 生地のアップをする前にうたた寝してました。
近江八幡は佳いですよォ。
湖岸道路沿いなんかトトパパファミリーにバッチリなんじゃないかな。
街中観光してから琵琶湖と夕陽を見ながら走るのは至福の時です。
水無月は氷に見立てて作られたモノなので、涼しげで美味しいです。
トトパパさんへ
2013/07/03 00:53
コメント、有り難うございます。
水無月はやはりこの日に食べないとダメと思い、必ず買いに行ってます。
夏を越える勇気が湧いてきます。
八幡堀を時々船が行き交うのですが、その雰囲気がとても素晴らしいです。
豊臣秀次の城下町なのですが、かなり計画的に造られた街なので 廻ってるだけでも色んな想いをめぐらす事が出来ます。
もしもこちらの方へ来はるのならば是非寄って欲しい場所なのです。
ミクミティさんへ
2013/07/03 01:00
コメント、有り難うございます。
一年って早いですねェ、気が付いたらいつものように水無月の季節になってました。
ブログを続けていく限り 必ずこの時期に書いてるんだろうなァ。
ひばり組らん太郎。さんへ
2013/07/03 01:02
コメント、有り難うございます。
滋賀の移動手段は私鉄が発達していないのでJRに頼らざるを得ない所がツラい所です。
でも歴史的な面からも重要な地区なので 言ったら最後、あちこち行ってしまいます。
近江八幡はその中でも街並みが美しいので、是非行って欲しい所です。
水無月は6月30日に食べるのがお約束です。
でももォしばらく京都の和菓子屋さんは造ったはりますので、まだまだ楽しんでもらえますヨ。
WESTさんへ
2013/07/03 01:09
コメント、有り難うございます。
水無月、抹茶味で正解です。
抹茶味は一昨日、黒糖味のは今日食べました…美味しゅうございました。
近江八幡は歴史古く 懐かしい街並みが残されていますので楽しいです。
日牟禮八幡宮も特別広くはないのですが、厳かな気分になるので大好きな所です。
是非またお越しやす(ここだけ京ことば)。
らぱんさんへ
2013/07/03 01:15
コメント、有り難うございます。
一枚目の写真はボクも気に入ってます。
お堀の上を歩いてる時に見つけたのですが、この菖蒲だけが枯れずに残ってました。
幼い頃の左義長祭の記憶はすべてが美しく、それが又おじいさんの故郷であるだけでウレシくなってきます。
水無月はポン太さんが仰るように もはや夏越の祓いみたいです。
ポン太さんへ
2013/07/03 01:20
おはようございます。
1枚目の写真、面白いですね。水面と花の距離感がないっていうか。右には蜘蛛?それとも水に浮かんだ何か?遠近感がなんとなくなくて・・・不思議な世界。八幡のお堀の写真もいいですね。
そっか〜、おーちゃんもお疲れのようですね。
疲れてるから砂糖をかけて、かなと。笑
あ、水無月を食べはらんと7月が迎えられへんのですね。やっぱり京都の人やねぇ。
前回記事で小さなことが気になり。あの動画作ったの絶対男の人ちゃうな、と。やっぱり女性でしたね。どーでもい〜か。ほな
黎明
2013/07/03 05:27
コメント、有り難うございます。
"Rain&Tears”の動画作らはったん 女の人なんか…あんなロマンチックなん男には無理やとは思てましたけど…。
一枚目の写真、確かに距離感が微妙やなァ。
そこまで考えてませんでした。
八幡堀は独得の風情があり、毎回何らかの発見があり楽しいです。
黎明さんも京都ケルン姉妹都市提携事業が…って書いたはりましたけど そちらの方はどないな塩梅でしたか?
忙しかったんちゃいます?そやから黎明さんの記事、バームクーヘンやったんか…。
彼の地の人に水無月の美味しさ、わけてあげたい(お約束)。
黎明さんへ
2013/07/03 07:28
静かな静かな場所ですね。物音がしているのかな?小さい頃の思い出の場所って、いつまでたっても忘れませんよね。おーちゃんさんは京都にそういう場所をたくさん持っていて、幸せですね。もちろん、ご自分でも発見されていますが…。
水無月ですね。去年も拝見して、もう1年。早いものです。これから暑い季節になってきますね。御身お大切に…。
みっちょん
2013/07/03 10:26
そうなんです〜。京都ケルンの記事でしょう?!載せたいんですが、全部はちょっと無理なんかなぁ、って。
記念事業はまだ続くんですが、6月の大きな催し物は終わりました。7月9日からはケルン市図書館で京都の子供たちの作品展(習字、絵画などなど)が開かれるんですよ〜。見せてもらいに行ってこようと思います。
え〜、水無月分けてはるんですか?写真だけ見とけ、と違うんですかぁ(爆)うそうそ。はい、失礼しました。
黎明
2013/07/03 20:03
コメント、有り難うございます。
八幡堀は独得の風情で、実は佳くドラマや映画の撮影に使われる所なんです。
静かに…緩やかに時が流れるような感じです。
幼い頃、父が色んな所へ連れて行ってくれたので 徹道々で記憶が甦ってくる場所が多いです。
水無月…早いですねぇ、一年って。
暑い夏を乗り切る勇気が湧いてきた所です。
みっちょんさんへ
2013/07/05 00:59
京都ケルンのん、読みたいですけど全部を網羅したために黎明さんが燃え尽きたらアカンです。
黎明さんの興味深く思わはった所だけでも…
えっ、それやったら全部載せなアカンって?
ハイ、しっつれいしました!(若井ぼん はやとより→うっわ、マニアック)
水無月…ホントに
あなたにも分けてあげぇたぁい〜ッて気分です。
黎明さんへ アゲイン
2013/07/05 01:04
こんにちは(^O^)
忙しい日々は少し落ち着いてきましたか?
葵の御紋は見るだけで『ははーっ』と頭を下げてしまいそうですね。
そちらでは水無月を食べて元気に夏を過ごす習慣なのですね。
金沢では7月1日に『氷室まんじゅう』と呼ばれる あんこが入った酒饅頭を食べて夏を乗り切る習慣なんですよ!(b^ー°)
大昔から日本のあちこちで夏の乗り切り対策をとってたんですね。
『うたたね』生活から『爆睡』生活に戻して暑さに負けないようにして下さいねV(^-^)V
にゃーちゃん
2013/07/06 15:21
コメント、有り難うございます。
ああ、その"氷室まんじゅう"食べてみたい。
水無月の元々の謂われも 大君のために冬の間に氷室で氷を作り、6/30に食されてました。
庶民はそれに肖り氷にもした水無月を食べていたらしいです。
どこの街にもそんな習慣があるのなら、それを調べるのもボクたちに与えられて大切なぎょ…
えっ、ただ和菓子が食べたいんでしょ…って?
いやホントにネ。
元々の性格が興味津々丸なので爆睡した事ってあまりないんです。
にゃーちゃんさんへ
2013/07/07 07:05
ご無沙汰しています。
久々におーちゃんの記事に伺って、、お腹いっぱい。(笑)
信心深いおーちゃんと、紫陽花の綺麗さと、音楽の心地よさ、水無月の美味しそうなこと。
満足させていただきました。

いつもアクセスもありがとう。
かわいいの気持玉を押したのは紫陽花がかわいいのではなく水無月を食するおーちゃんが何ともほのぼのしたのです。

夏を乗り切ろうね。
こちらはやっと暑くなって来たよ。

betty@@
betty
2013/07/07 18:42
コメント、有り難うございます。
信心深いかドォかは解らないんですけど、甘いモノに対しての忠誠心はbettyさんに引けをとらないと自負しております。
にゃーちゃんさんも書いてはるのですけれど、それぞれの街にそれぞれの夏越のお菓子があるのなら、それを調べるのは有意義な事だと思うのです。
と云う訳で、北の国担当ヨロシクね。

それにしても一気に夏が来るとは思ってもいなかったです。
北海道もこの頃しっかり暑いと聞きますので 機嫌良く過ごされますように。
bettyさんへ
2013/07/09 00:36
近江八幡へは3度ほど訪ねたことがあり、お写真の八幡堀を懐かしく拝見してます。
最初に訪ねたのは合唱団の友人たちと琵琶湖クルージングし、船上でライブをやっていて自分たちもノリノリに踊ってしまったことを思い出してます♪
その後、「たねや」さんでお茶して、八幡の街を歩きました。

6月30日は、水無月を食べなアカン日なんですか?
スピード・ラーンニングって聞き流すだけで、英語がわかるんでしょうか・・・?
ハーモニー
2013/07/13 19:46
コメント、有り難うございます。
近江八幡はホントに佳い所で、行く度に気持ちよく過ごしています。
船上ライブってスゴい企画です。
でも海よりも穏やかな波なので、夢見心地なライブになったんじゃないでしょうか。
6月30日は誰がなんと言っても…っと言うよりも京都人にとっては家訓みたいに絶対水無月を食べなアカン日なのです…いやホンマ。
スピードラーニング、効果の程はどォなんでしょ…ボクも興味津々ではあるのです。
ハーモニーさんへ
2013/07/14 02:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像


powered by プロ野球Freak
 
八幡堀…そして 待ったこの日 2013 いつものことではあるけれど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる