いつものことではあるけれど

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜井の別れ

<<   作成日時 : 2013/02/18 23:22   >>

ナイス ブログ気持玉 85 / トラックバック 0 / コメント 37

箕面からの帰り道 
”桜井の別れ”で有名な島本町に寄った   

画像

今回のテーマソングはこちら  
Weathers / hàl  ※1 

島本駅の側にある公園が桜井駅跡 
そこには楠木正成・正行親子の石像が 
  
画像
正行、ちょっとこちゃ来      







画像
わしな 大君のためにな 兵庫に闘いに行く… 
そやけどあんたを連れて行くわけにはいかん 
わしとココで別れ、あんたは国へ帰るんや 




画像
お父ちゃん、なんでそないな事言わはんのん  
ボク まだ若いけど、死ぬことなんか全然こわない
お父ちゃんと一緒に行く 



画像


あのな…  
あんたのために言うてるんとちゃう 
わしがもしも死んだら、世の中は足利尊氏が好き放題するってことやん 
その時のために…あんたは大君のためにいてなアカンねん 

わしはな、大君がくれはったこの菊水の紋に掛けて闘うンぢゃ 
お母ちゃんのこと頼むで 
ほなな…さらばぢゃ  



ッてな会話が聞こえてきたような気がする  


その向かいにある島本町歴史文化資料館に入った  
島本町には色んな史跡があり、川の中からほとんど壊れずに出てきた昔々の甕が見つかったりするらしいから 思っている以上の穴場と見た 
画像


将棋盤が飾ってあるのが気になった  
画像
全然知らなかったんだけれど、ココ 島本町水無瀬は水無瀬駒という将棋の駒で有名なところだったらしい 
水無瀬家13代当主:水無瀬兼成は 将棋の駒の名手だったらしく、作った駒は737組 
天皇(後陽成天皇) 足利義昭 関白秀吉や徳川家康、その他 数多くの公卿や大名に納めたと丁寧に製作記録を残している 

その製作記録のコピー 見れば見るほど達筆  


そして釘付けになったのがコレだ 
画像

ふだん遊んでるのは小将棋と云うモノで、こちらは中将棋というモノ 

現代の将棋とはちょっと遊び方も違うらしく、江戸時代以前の貴族社会に親しまれていたらしい  

中将棋のルールブックをもらったんだけれど、実物の将棋盤がないと憶えられないや 
えっ、難しいからとちゃうの…って? 

えーっとォ、えーっとォ…
正行像が持ってたん、ロールケーキに見えへん? 



◇◆◇◆◇◆◇◆   
※1 
このhalという歌手を初めて聴いたのはミニアルバム "all kinds of crayon"をジャケ買いしたところから 
外れてもいいや、ッと思ったけれど すんごく気に入った 
で このミニアルバム"低温火傷” 
今までのポップな曲調から 少々ダークな雰囲気を醸し出していた 
その中でこの ”Weathers” 
闘いに出る正成とイメージが何故か重なった 


低温火傷
ビクターエンタテインメント
2000-05-24
hal

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 低温火傷 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「中将棋」折れ盤
ねこまどShop
折りたためる中将棋盤です。関西でいま注目されつつある中将棋。その歴史は現在の9x9の将棋よりも古く、


楽天市場 by 「中将棋」折れ盤 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

all kinds of crayon
ビクターエンタテインメント
1997-10-22
hal

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by all kinds of crayon の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 85
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時
幼いころ、一緒に住んでいた祖母が関西の出身でしたから、よく箕面の親戚の家に連れて行ってもらっていました。桜井という名前も心のどこかにしまわれていて…初めて薪能を見たのもそのあたりだったような気がします。
歴史の中にしっかり刻まれたところだったのですね。

初めて聞いたhaiの曲、低温火傷のジャケットもセンスがよくて好きです〜♪
komichi
2013/02/19 10:11
会話がその通りに聞こえてくるなんて、おーちゃんさんはすごいですね。いろいろなものが残っていて、かなりの生活の表れが思われますね。ぜひ)こんなところに行ってみたいものです。
ロールケーキねえ、ケーキにうえてるんじゃありません?
みっちょん
2013/02/19 11:47
有名な桜井の別れはここだったのですね。
京都弁の会話、さもありなんと面白いです。
昔、舅が孫である私の娘を傍に置いていつも歌っていました。「青葉茂れる桜井の里のわたりの夕まぐれ。このしたかげに駒とめて、このゆくすえをつくづくと〜〜」この歌、何番までもあっておーちゃんの会話のとおりうたがつづくのですよ「〜〜いましはここまで来つれどもとくとくかえれふるさとへ」
舅というとこの歌を思い出します。
また、吉野山の如意輪寺には正行の扉に鏃で書かれたという有名な辞世の句「かえらじとかねて思えばば梓弓なき数に入る名をぞとどむる」が残されています。
ポン太
2013/02/19 16:20
おーちゃんさん(^^)
こんばんは。
ふふふ。大阪弁?京都弁?
面白いですゥ〜(^^)
>そして釘付けになったのがコレだ
ワタシも釘付けになりました(笑)
初めて見ました。
山形の天童市も将棋で有名なところですが、そこにもこういうのがあるのかなァ〜???
でも歴史そのものが違うかな??? 
詩音連音
2013/02/19 18:04
中将棋、すごいっすね。
かなりの戦術家にならんと勝てそうに無いっす!
とりあえず、オイラには小将棋もムリ(泣)
監督
2013/02/19 19:40
島本町という名前は初めてでして。
桜井の別れは確かに有名ですが、実際の場所はよく分かっていなかったので為になりました。やはり、楠木正成/正行親子の石像があるのですね〜。
水無瀬というのも、将棋の駒として書体として有名ですよね。私はかつて将棋が趣味で、とても水無瀬駒には手がでなかったことを覚えています。もちろん、普通の小将棋ですが。
水無瀬がこの辺りの地名や人名に由来しているとは、これまた初めて知りました。
島本町、色んな歴史が隠れている場所ですね。
ミクミティ
2013/02/19 21:48
コメント、有り難うございます。
komichiさんは箕面に所縁あったんですか!
おばあさんと一緒にいはったということは、関西の言葉で絵本とか読んでもらったはったのかもしれませんネ。
"桜井の別れ"は話として素晴らしく、薪能とかに形を変えて演じられてるんでしょう。
島本町の地図を見てみると、行きたくなるところが意外と多く 計画を練ってる最中です。
halはホントに佳い曲が多いのですが、halという名前が多すぎて 検索掛けても中々行き当たらないのが玉にきずです。
センスいいのになァ…。
komichiさんへ
2013/02/19 21:48
コメント、有り難うございます。
"桜井の別れ"って歌を知っていたので、なんとなくそんな会話を想像していたんです。
この資料館は色んな時代のモノがあるので面白い空間です。
ロールケーキよりも収穫チョコに少々…ひょっとしてカカオが暴騰してたんやないか…と思うようにしてます。
みっちょんさんへ
2013/02/19 21:53
コメント、有り難うございます。
ボクも母に幼い頃から歌ってもらってたんです、"桜井の別れ"ッて歌を。
難しい言葉で書かれているので細かいことは解らなかったのですが、メロディーの美しさと言葉の流れが好きでした。
ですからホントは青葉の時期に来たかったんですけれど、急に行きたくなりました。
この親子の石像を見てるとついつい会話を想像したのですが、実際の楠公さんは河内ことばやったんかなと思うのです。
でも微妙なニュアンスが表現しきれなかったのでこんな文章になりました。
吉野山もいずれ行きたい処です。
ポン太さんへ
2013/02/19 22:01
コメント、有り難うございます。
一応関西共通のことばで書いたつもりだったのですが、自分で読んでみると京都のイントネーションになってしまいます。
ことばって面白いですネ。
山形は天童藩の将棋駒の話も実は資料館の方と話が出てきました。
藩士が貧困にあえいでいたので、将棋の駒造りを奨励していたらしいです(言わば副業ですな)。
でも天童藩の将棋駒のおかげで小将棋が繁栄したのかもしれませんネ。
詩音連音さんへ
2013/02/19 22:07
コメント、有り難うございます。
中将棋見た時、コレはとても無理と両手を挙げてしまいました。
小将棋の弱さなら負けません。
オセロとかも、気が付いたらあたり一面雪積もったんかと思う時ありますもん。
監督さんへ
2013/02/19 22:10
コメント、有り難うございます。
島本町は京都と大阪のホントの境にある街で、歴史上の人物の大半がココを通ったと思います。
ボクも実はノーマークだったところがあるんですが、資料館からもらった地図を見ると、行きたくなるところ満載です。
ただいま計画を練ってる最中で、夏に行こうか…いやそこまで待てない…と云う状態です。
中将棋のルールブックを読んでると "金"の動きは一緒なのですが"銀"の動きは少々違います。
また相手から取った駒は自分の駒として二度と盤面に戻すことが出来ないらしいです。
ミクミティさんへ
2013/02/19 22:17
ハハハ、楠木正成・正行親子の会話が絶妙ですな(^O^)
中将棋、これは釘付けになりますね。これだけ駒数が多いと勝負がつくまで時間がかかりそう・・・。やっぱり、王将を取れば勝ちなんですかね?
KoUKoU
2013/02/19 22:37
こんばんは(*^o^*)
親子の会話☆
ナイスです(≧∇≦)
そうやってお話ししてもらえたら、もうちょっと歴史を覚える気になれたな〜(^_^;)
私だったら もう少し太いロールケーキがいいです(^◇^)┛
にゃーちゃん
2013/02/19 23:03
こんばんは。
関西に住んでいるのに、桜井の別れの話、こちらのブログで初めて知りました。楠公さんといえば、神戸の湊川神社しか浮かばなかったのですが、桜井の別れがあってそこに至ったのですね。近畿地方は、本当に歴史の宝庫ですね。会話がとてもリアルで、しっかりインプットされ、とても勉強になりました^^。
WEST
2013/02/19 23:15
あ〜日比谷公園の楠正成と全然違うわ,アットホーム。この将棋ダブルス用ですよね?
まりりんまんしょん
2013/02/20 01:24
こんにちは。

櫻井の別れ。。。有名ですね。
石碑が建ってるのも知ってます。

中将棋、凄いっすね!
めっちゃ時間かかりそうですね。。。
トトパパ
2013/02/20 08:55
コメント、有り難うございます。
中将棋、駒数が多いので時間が掛かりそうですけど 一度取った駒は使えないので意外と早いかもしれません。
王将を取ったら勝ちですが、敵方に"太子(酔象が成ったもの)”がある時はそれも捕らねばならぬと書いてあります。
複雑な決め事がありますのでマニアが好む遊びなのかもしれません。
親子の会話…こんな感じだったんだろうッて想像しました。
KoUKoUさんへ
2013/02/20 21:16
コメント、有り難うございます。
こんな風に歴史を教えてくれる先生がいはったら、色んな事質問して もっともっと深くのめり込んでたかもしれません…えっ、充分やんって?
この石像がどこかファンタジーみたいだったので生々しい表現できなかったのかもしれません。
ロールケーキやったらボクも、も少し太いのに替えてってお父ちゃんに頼んでたでしょう。
にゃーちゃんさんへ
2013/02/20 21:21
コメント、有り難うございます。
先日も触れてましたが 幼い頃から唱歌に触れていたから"桜井の別れ"を知っていたのです。
ですから実際にこんな会話したんやないかとつい想像してしまいました。
楠公さんは湊川神社が有名なのですが、四条畷にある四条畷神社も御祭神なので その内こちらも行きたいと思ってます。
WESTさんへ
2013/02/20 21:29
コメント、有り難うございます。
そぉそぉ、将棋はダブルス用です…ッてどんなボレーするんかと考えてしまいましたやん。
そちらの楠公さんは勇ましゅうございます。
ただひたすらかっくいー!ッて感じです。
まりりんまんしょんさんへ
2013/02/20 21:35
コメント、有り難うございます。
"桜井の別れ"の歌を知ってたので、実はこの公園に何回も行ってました。
今回はこの歴史文化資料館(旧麗天館)がお目当てでした。
中将棋は釘付けになります。
でも一度取った駒は二度と使えないらしいので思っているよりも案外早く終わるかもです。
トトパパさんへ
2013/02/20 21:48
おーちゃんさん(^^)
おはようございます。
今朝のテレビで卑弥呼のお墓か???って放送されていましたが、「桜井」って地名が出てきて「もしかしてここなの???」と思いコメントしました。
考古学ってワクワクしますね(^^)
詩音連音
2013/02/21 08:48
箸墓古墳のニュース、ドッキドキです。
卑弥呼の古墳かもと言われてたので 10年以上前に見に行ったことがあるんですけれど、宮内庁の管理下に置かれ周りを歩くことしかできませんでした。
前は九州説を採ってましたが、最近は何処であっても楽しめたらいいかと思ってます。
今回行った桜井は大阪と京都の境にあるのですが、奈良の桜井も大阪の桜井も歴史的に重要な場所なので探訪してて楽しいです。
詩音連音さんへ ふたたび
2013/02/21 23:52
資料館の展示物 ちゃんと拡大して確認したよ
黒電話が・・・あぁ昭和の遺物ですね

正行像の手のは
お寿司の細巻きに見える、やっぱ食いしん坊ですね、私も。
かきろん
2013/02/22 21:39
こんばんは〜ワンワン♪

楠木正成は有名ですね〜。
石像があったなんて・・・。
ふたりで会話してたのですね〜。

おーちゃん、面白いですワン♪
cafe
2013/02/22 22:21
コメント、有り難うございます。
資料館の中は色んな時代を網羅してると言えばいいのでしょうか…どちらかと言うと広くないのでこレくらいの方が気楽に入れるって感じです。
ここの街道を歴史上の人物たちが通っていったのでしょうし、いろんな痕跡が残っているのかもしれません。
正行像のはロールケーキと細巻きの両方に見えました。
お寿司の細巻きを使ってまた改めてネタ繰りしよーッとぉ、ええネタ出来るかなァ。
かきろんさんへ
2013/02/22 23:26
コメント、有り難うございます。
ココの楠木正成と正行の石像はどこか愛らしくって、柔らかいことばで会話してるように感じました。
楠木正成でもひとつこんなのを…

蚊帳の中から片足出して〜
足利尊氏コレにあり
(なんでなの…?)あしかが射すでは無いかいな!
砂川捨丸ッて人のネタでした。
cafeちゃんへ
2013/02/22 23:31
↑の訂正です。
足利尊氏が足利射したらあきません。
ここに正しいのを

蚊帳の中から片足出して
楠木正成これにあり
(何故?)
足 蚊が(あしかが)刺すではないかいな

これにて一件落着!…かなァ…
cafeちゃんへ ふたたび
2013/02/23 14:30
お陰様で・・・
一件落着しました〜。
ありがとうございます。

ちょっと???だったので・・・
再訪問してよかったワン♪
cafeちゃん ふたたび
2013/02/25 18:31
度々呼び出し、申し訳ないんだワン!
一件落着してもらって佳かったんだよォ〜。
コメント返しして ずいぶん経ってから見直して間違いに気が付くうっかりさんの巻でした。
cafeちゃんへ アゲイン
2013/02/25 20:59
漫画チックで楽しい石像ですね。まるでほんまに会話がきこえよるゥ。。もう魔女まで何弁しゃべってるんだか(笑)
分厚い木の感触の上でパチンと弾ける駒の音
できなくても気分は将棋士ですね
小もあれば中将棋もあるんですね
楽しいお話に笑いっぱなしでした
コケ魔女
2013/02/25 22:23
コメント、有り難うございます。
この親子像…じーっと見てるとホントに会話してるみたいな感じがしました。
将棋も小もあれば中もある…ッて事は大将棋もあるんやろか。。。ッて調べてみたらやっぱりありました。
こんなことから色々知識が増え、有り難く感じる2013年春。
コケ魔女さんへ
2013/02/25 22:36
はじめまして。私は湊川神社の近くで生まれ
幼少時代を過ごしました。祖母が歌う「青葉繁
れる・・」を子守唄代わりに育ったせいか、正成
公は歴史上人物の中でも特別な存在なのです。
神戸人が代々どんなに楠公さんを敬愛してい
るか・・?と言いますと、手話で神戸を表現
するのが港とかではなく楠公さんの「菊水の印」
なのです。 瓦煎餅にも武者姿の楠公さんと菊
水の模様。
正行が一緒に行きたい、と「連れもて行こら」
と言ったのは河内弁でしょうか。
eritan
2013/03/08 19:38
コメント、有り難うございます。
こちらこそ初めまして。
"桜井の別れ”♪青葉茂れる桜井の〜
この歌はボクも幼い頃、佳く母が歌っていたので佳く憶えています。
手話で神戸を表すのに楠公さんの菊水の紋を表すというのは全然知りませんでした。
スゴく勉強になり、有り難いです。
それほどまでに神戸の方々は楠公さんに敬意を表してはるのがステキだと思います。
今回の会話のところ…本来は河内弁で書くべきだったのかもしれませんが、やはり京都系の言葉しか書けませんでした。
こんな感じの記事ばかり書いてますが、これからもヨロシクお願い致します。
eritanさんへ
2013/03/08 20:43
捨丸「蚊帳の中から片足出して」
春代「ほい」
捨丸「楠木正成これにあり」
春代「なんじゃいな」
捨丸「足蚊が(あしかが)攻めるじゃないかいな」
鼓…ポン
北河内四条畷のおじぃさん
2017/03/17 14:57
コメント、有り難うございます。
↑でボクも捨丸師匠のを書きましたが,細かいところは微妙だったので書いて頂いて助かりました。
この時代の芸人さんの映像は少ないので伝聞でしか解らない事が多いです。
笑芸にも興味があるので またいろいろ教えてもらえると有り難いです。
北河内四条畷のおじぃさんへ
2017/03/18 10:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像


powered by プロ野球Freak
 
桜井の別れ いつものことではあるけれど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる