静寂の丘  三ッ山古墳群

四月の終わり、近江の国 野洲へ行った    
一通りの仕事を済ませた後、竜王へ向かった 

今回のテーマソングはこちら 

Stay with Me / Lorraine Ellison  ※1 

以前から書いていた通り 竜王には歴史的遺跡がたくさんある 
ずーッと行きたかった処…それは三ッ山古墳群だ 

画像


画像
 画像

住宅街を通り抜け、ちょっと入ったところにひっそりとした森が… 
そしてこの小径を入ったところから目に飛び込んできた風景 

画像

むき出しになった古墳・石室の後方部が見えた 

画像

真横から見て解るこの天井部の岩の厚み 
墳丘の多くは流れ去り 盛り土がもはや一部しか残っていない 

画像

玄室の長さ 約5.4m、幅 約1.8m、高さは約2.1mあるという 

この古墳より太刀の環頭が発掘されたという 
この一帯を統治していたかなりの有力者の墳墓だったのだろう 

野洲を統治していた有力者たちとどのような関係を持っていたのだろうか 
それを調べるのも楽しい事なのかもしれない ※2 

画像


かつて十数基有ったという古墳群だが、今や残っているのはこの古墳のみ
一基だけがひっそりと 一帯を見守る 静寂の丘 






☆★☆★☆★☆ 
竜王町に告ぐ! 
案内標識小さくて迷いかけたヨ 
もっと見やすいのに替えて 
でもあまり来て欲しくないのならこのままで 


◇◆◇◆◇◆◇ 
※1 
ロレイン・エリソンが歌う "ステイ・ウィズ・ミー” 
初めて聴いた時の衝撃は例えようがない 
NYのプロデューサー : ジェリー・ラガヴォイ (Jerry Ragavoy) の最高傑作と思う 

解説を読んでみると フランク・シナトラの為に用意していたセッションだったが、急用か何かでシナトラがそのセッションをキャンセルしたらしい 
でもさすがシナトラ、用意されていたミュージシャンたちはNYきっての最高峰ばかり 
せっかくのチャンスを無駄にせず、そのミュージシャンたちを使って録音されたのがこの曲  

※2 
野洲市の国道8号線に沿ったところに たくさんの古墳群がある 
ココはかなりの有力者がいたらしく、その古墳の一部の石棺は熊本からわざわざ運ばれてきたものだという 
またこの古墳群の近くに銅鐸博物館がある 
ココも行きたい処なんだ 
でもネ、楽しい事は 一度にしちゃダメなんだよネ 





Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side
Ace Records UK
2008-05-06
Southside Johnny

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









古墳築造の研究?墳丘からみた古墳の地域性
六一書房
青木 敬

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古墳築造の研究?墳丘からみた古墳の地域性 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル