いつものことではあるけれど

アクセスカウンタ

zoom RSS 葵祭 路頭の儀

<<   作成日時 : 2012/05/18 20:31   >>

ナイス ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 20

5月16日  
賀茂祭…葵祭の路頭の儀が執り行われた  
 
画像


今回のテーマソングはこちら 


 SAYONARA / 中川イサト ※1 

ホントは5月の15日の予定が大雨で順延になったから… 
だけど16日はそのおかげか お陽様は照っているけれど 爽やかな風の吹く五月らしい天候だった 

画像 画像
始まるまで西南の方に置かれてる御所車をしっかり観察…いとおかし 
確かこの騎手が行列を先導する乗尻 (のりじり)だったと思う 

画像 画像
ここからは写真撮るので精一杯で、どの方がどの官位の方なのか解らなくなってる    
藍色の装束の方は看督長 (かどのおさ) 今で言うところのお巡りさん   

画像 画像
騎乗してる方…検非違使尉 (けびいしのじょう) 検非違使たちの上司 

建礼門は本来 皇室の方しか出入り出来ない 
この門の前より右に折れ 堺町御門に向かって南下していくのだ 
形式上 この門より出たと云うことにしてるのであろう 

画像 画像
まぶしそうな顔してるなァ… 
こちらはこちらで重い風流傘を持って完全に陽を遮って歩いてはる 

画像画像
そォこォ言ってるウチに 先導の女房の後、"腰輿(およよ)"に乗った齋王代が童女を引き連れての登場だ 

画像 画像
女官でも馬に乗ってはる人がいはるんですネ、騎女 (むまのりおんな)と云うそうな 
なんでも神事を司る方らしく 騎馬で参内されるからこの名が付いたそうだ 

この家来衆 余程 陽に当たりたくなかったんやねェ 
…って女房殿が陽に当たってどないするん!
他の家来衆はちゃんと風流傘さしているのに… 

画像 画像
本来は家来衆、一歩下がってこのように傘をささなくてはならないはず 
その上で陽が一瞬当たるのはやむを得ないこと 

雅楽の楽器 鉦鼓も一般に見られるモノと違い、このようにあざやかな装飾を施されている  

画像

牛車は勅使が乗ることになっているらしい 
大君からの勅願を携えて行かれるからか、立派な装飾が施されている 
たくさんの家来衆と小さな童が牛と共に優雅に進んでいた  
(コレは齋王の牛車) 
今回、後から訂正することが多いだろうなァ… 

このような優雅な路頭の儀…行列は、実は元禄七年(1694年)に再興されたモノらしい 
お公家さんたちの佇まいも 平安時代のモノではなく、元禄時代のお公家さんの様式が再現されているとのこと 


建礼門の前に陣取っていたけれど、気が付いたら堺町御門まで来ていた 
この後、 また上賀茂神社=社頭の儀に向かった 


◇◆◇◆◇◆◇ 
※1 
フィンガーピッキングの名手、中川イサトさんの名作アルバム ”SAYONARA" 
その表題曲 "サヨナラ”という曲が今回のテーマにふさわしいと思った 
でも You Tubeにこの曲をアップしてる人はいなかった 
となると自分で作らねばなるまい 
といふ訳で出来たのがこの動画 

前回書いたのですが、桜は散ると同時に春の終わりを告げ カキツバタが初夏を招き入れる… 
それがこの動画のテーマです 







京都・四季の名風景~春夏秋冬と名所旧跡の映像美~ [DVD]
video maker(VC/DAS)(D)
2001-10-25
趣味/教養

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 京都・四季の名風景~春夏秋冬と名所旧跡の映像美~ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



葵祭(賀茂祭)
京都書院

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 葵祭(賀茂祭) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






Sayonara
BMGビクター
1991-05-21
中川イサト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sayonara の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 66
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
おーちゃん こんにちは♪
「葵祭」雅で華やか、素敵です(*^^)v
先月見学した京都御所が 往年の時を取り戻したようです。
来年は 行きたいですね

ふふ、今日は御所の御池庭をUPしましたが
おうちゃんの幻?にも御出演して頂きました(笑)
eisui
2012/05/19 07:04
こんにちは。

葵祭りに行かれたんですね。
いいですね。。。
私、祇園祭は行ったことあるんですが、
葵と時代祭りは生で見た事ないんです。
前日が中止だったですよね。
この日は晴れてよかったですね!
トトパパ
2012/05/19 08:18
BGM音楽も素敵だけれど動画に見入ってしまいました。京都の春を堪能し、カキツバタの薄紫、いいですね〜〜ところどころの、おーちゃんの幻に惑わされて幽玄の世界へ。。。

しっとりとした京都に遊びに行きたくなりました
パンパス
2012/05/19 09:11
葵祭の路頭の儀、見事ですね。
やはり京都の雅を感じます。鮮やかで立派な衣装ですね〜。
見ていて華やかで、飽きませんね。
ところで、初夏の日差しが強そう。結構暑かったのでは
時々思うのですが、こういう行列で分厚い和服で長時間歩くのは大変なんだろうなと。皆さん、頑張ってますよね
ミクミティ
2012/05/19 11:38
京都ならではですなぁ〜♪
あれっ、おーちゃんさんが弾いてるのかと思った。
監督
2012/05/19 19:44
たくさんの人だったでしょうね。早くから場所取りされたのでしょうか?
お陰で、行けなかった御所での行列を見る事が出来ました。有難うございます。

みずがめ
2012/05/19 20:09
京都に住んでますが、葵祭は一度も見たことがないんです。
一度くらいは見てみたいのですが・・・・。
にゃーご# 
2012/05/19 21:01
コメント、有り難うございます。
前日の雨が嘘のように見事に晴れてホントに佳かったです。
これほど雅やかと思ってなかったので言葉も出ないくらいでした。
来年は是非葵祭におこしやす(ここだけ京ことば)。
ボクの幻…?
eisuiさん、いいとこ突いてはる…この轍の上を通って御苑の東側の学校に自転車乗って通ってました。
eisuiさんへ
2012/05/19 23:19
コメント、有り難うございます。
ちょうどこの日、行列観るのに夢中になってる頃にトトパパさんからのコメント戴いてたんです。
祇園祭と葵祭は民衆から生まれた祭りなのですけど、南下時代祭はお上から押しつけられた気がしてちょっとノリが悪いんです。
いつの日かトトパパさん一家で葵祭におこしやす、楽しいよォ…トトくんも一緒にネ。
トトパパさんへ
2012/05/19 23:22
コメント、有り難うございます。
動画、褒めてもらってすんごくウレシいです。
ただ、ソフト任せの作成なのでちょと恥ずかしいんですけど。
梅雨が近付いてはいますけれど、京都の街は水彩画のようになっていきます。
そんな京都へ是非おこしやす(ここだけ京ことば)。
それよりも何よりも まゆみさんと出演なさる定期演奏会。
とてつもなく長いドイツ語の歌唱ですやん。
見事に歌い切らはるよう、ココに群青色の声援を送ります。
パンパスさんへ
2012/05/19 23:29
コメント、有り難うございます。
路頭の儀、1kmもある大行列だったので見応え有りました。
どの装束の人がどんな役で…ッて案内もしてはったんですけれど、写真撮るのに夢中になってしまって…。
陽射しなんですけれど、前日の雨のおかげか爽やかな風が吹いていたので案外過ごしやすかったです。
ただ女人列の方々はキツかったかもです。
ミクミティさんへ
2012/05/19 23:35
コメント、有り難うございます。
ホント、京都に生まれて佳かったと思う瞬間です…。
えっ、ほとんど初めてみたいなもん言うてたやん…って?
この曲 実はイサトさん、楽譜本に載せてくれてはるんです。
練習しました、必死こいて…弾けた時の喜びは如何ほどばかりか!ッて感じなんです。
監督さんへ
2012/05/19 23:39
コメント、有り難うございます。
喜んでもらったので 写真頑張った甲斐がありました。
たくさん人が来るだろうと思ったので、スタートは早かったんです。
着いたのは9時31分頃でしたけど、いい席は取られてたと母たちが言ってました。
みずがめさんへ
2012/05/19 23:43
京都ですねぇ〜 うっとり・・ 
呼び名も面白いですね およよ とか むまのりおんな とか 貴族専門用語なんですね (^^) 
鎌倉の武士のお祭りとは違いますねぇ ほんとに雅です。

YouTube 作ったんですね 最初の写真 おーちゃん号が
見えたから びっくりしました 
Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!  
BGMも中国ぽくってよかったです。 
みなみ風
2012/05/19 23:45
コメント、有り難うございます。
ボクも実際のところ 本気で観たのは今回が初めてなんです。
もっと早く観るべきだったと思うのですけど、今だから佳かったのかなァ…ッと思うんです。
だから混むのはキツいですけれど(祇園さんほどや無いですから)是非来年 来てみて下さい。
にゃーご#さんへ
2012/05/19 23:51
コメント、有り難うございます。
ボクもパンフレット見ながら書いたんですけれど、お公家言葉って不思議やなァ…ッて思いました。
京都の町衆はホントにお公家さんが好きだったみたいで、大君が困ったはる時に 色んな形で手助けしたはったらしいです。
あの動画におーちゃん号載せるの悩みましたけど、御愛嬌で許して頂戴下さいませませ(さだまさしさんより)→古!
みなみ風さんへ
2012/05/20 01:24
素晴らしい動画ですね。
綺麗な曲と共に画像も素敵です。
京都のお祭りは本当に上品な感じがします。
関東のお祭りとはちょっと違いますが、それは土地によって魅力があると言う事で・・・・(*^_^*)
momiji
2012/05/20 06:30
コメント、有り難うございます。
動画、褒めてもらってウレシいです。
今年の桜は格別キレイだったので、佳い曲と合わせて作ってみました。
幼い頃からゆっくりした流れの祭に慣れているもんで、みこし祭とかを見ると反対に興味津々と見てしまいます。
それぞれの街がそれぞれに育んだ祭、その魅力をブログを通じて見せてもらっているので スゴく楽しいです。
momijiさんへ
2012/05/20 18:46
こんばんは。
一生に一度は見たい葵祭。。。叶うかどうか・・と言う感じなので、こうして拝見できるのは本当にうれしいです
行列の様子はそれぞれ趣があって興味深く見入りましたが・・・その素晴らしい葵祭にひけをとらないくらい、動画が素敵でした!!!
音楽と写真がすごくマッチしてますね〜〜〜〜!
最初の車・・もしや?と思ったんですが、やっぱり!?!?随所におーちゃんさんのこだわりアングルが生かされて、すごく印象に残りました。すばらしいっ
桜子
2012/05/22 22:58
コメント、有り難うございます。
作った動画、褒めてもらってウレシいです。
今年の春はホント、桜を満喫したので何かを残したくなッたので このような形にしてみました。
葵祭の行列の緩やかな歩みとこの曲のリズム…連綿と続いてきた歴史似合うと思いました。
おーちゃん号を入れるのがこだわりなのでした(なんなんだか…)。
桜子さんへ
2012/05/23 20:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像


powered by プロ野球Freak
 
葵祭 路頭の儀 いつものことではあるけれど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる