いつものことではあるけれど

アクセスカウンタ

zoom RSS 春便り 一条戻り橋 

<<   作成日時 : 2012/03/31 19:22   >>

ナイス ブログ気持玉 86 / トラックバック 0 / コメント 40

3月28日 
一条戻り橋の袂に早咲きの桜が咲いていた 
ここはボクが通っていた小学校区の西南角になる ※1 
画像


今回のテーマソングはこちら 
 
Sheebeg & Sheemore / 城田じゅんじ 

一条戻り橋の由来は今は昔… 
延喜18年(918年) 学者=三善清行が亡くなった 
その子 浄蔵は驚き、紀州から京に馳せ帰って来た 
その葬列に間に合った処がこの橋 
棺にすがり 父君に も一度会いたいと祈願したところ清行が生き帰り 最後の会話を交わしたといふ  
あの世から一旦戻ってきたことから戻り橋と名付けられたといふ物語 

画像画像
でも一条戻り橋と云えばやはり渡辺の綱 
源頼光の四天王として名高い 
ココで美しき鬼女との出会いから あの有名な鬼退治の物語が始まるのだ 


画像安倍晴明の式神がこの橋の下におり、いざという時に呼び出され活動したと云われてる 
でもネ、堀川より東で生まれ育ったボクにとって 晴明さんって もひとつ ピンと来ないんだ 
堀川の西側の友だちは晴明神社の話をよくしていたけれど、行ったことが無い 
現在 参道がある処、鳥居も見えない位 大きな建物があったから… ※2 




画像

この日、戻り橋周辺で桜が咲いていたのはこの木だけだった 
時々 小雨降るような寒い日だったけれど それでも春 
堀川通りも つぼみが膨らんできた桜の木でいっぱい 
もォ間もなく 様々なさくら色が京都の街を 優しく包んでいくのだろう 



◆◇◆◇◆◇◆ 
※1 
「堀川の土手に降りたらアカンえ」ッと母によく言われていた 
今みたいにキレイに整備されておらず、土手には雑草が雑然と茂り ヘビイチゴがたくさんなっていた 
川は日によって 茶色い水や緑色の水、真っ黒な水が溜まっていた 
今から思えば染色の水だったんだろう 
そんなことや様々な伝説… 
子供心にも堀川は不思議な川だった 

※2 
晴明神社HP−沿革の処を見てみると ずいぶん前に堀川の処まで拡張したと書いてある 
でもボクの記憶では、数年くらい前まで ("陰陽師”が流行るちょっと前くらいと思う) "蝶理(株)"のビルがあった 
行ったことがないんで確かなことは言えないけれど、細い参道があったのかもしれない 



一条戻り橋―京のわらべうたを歩く
かもがわ出版
松本 祐佳

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一条戻り橋―京のわらべうたを歩く の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 86
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪

とっても綺麗なピンク色をした桜ですね。
春の京都を楽しみたいと思いました。
ヌサドゥア
2012/03/31 20:05
艶やかな色の桜ですね〜♪
花弁も少し大きめでしょうか。。
一気に華やかな春の雰囲気になりますね。。
komichi
2012/03/31 21:40
こんばんは
こちらはソメイヨシノが
そろそろ見頃です。
やっと春らしくなりました^^v
ただチャン
2012/03/31 23:23
ご無沙汰してました。なかなかブログの時間が取れなくて、、。そんな時もありますよね。
いつのまにか、京都はぐっと春めいていたのですね。
一条戻り橋って、由緒ある橋なのですね。伝説めいていて。身近に歴史に接することができるのって、やっぱりいいですね。
私も皆さんのブログで気分転換させてもらっています。
ミクミティ
2012/04/01 00:30
コメント、有り難うございます。
先日見た桜は薄い色だったんですけれど、この一条戻り橋の桜は鮮やか色でした。
ヌサドゥアさんの処からでしたら気楽に来てもらえる距離ですから、春の京都を堪能して下さいな。
ヌサドゥアさんへ
2012/04/01 08:57
コメント、有り難うございます。
西堀川を走っている時にあまりにも艶やかな色で引き返して見に行ったンです。
雨の降る日だったんですけれど、この一本のおかげですっかり春の気分が高まってきました。
komichiさんへ
2012/04/01 09:00
コメント、有り難うございます。
やはりそちらの方が早く春がやって来てたんですネ。
今年の桜は遅めと聞いていますが、遠慮せずにドンドン来てほしいと願ってるのはボクだけなのかなァ…。
ただチャンさんへ
2012/04/01 09:02
コメント、有り難うございます。
年度末でお忙しくしてはったんでしょう、お疲れやったん違いますか?
一条戻り橋は色んな話があって、女子は出戻ッたらダメだから通らないように…といふのもあるんです。
渡辺の綱の話からドンドン飛躍して出来ていった物語もあるみたいです。
ミクミティさんへ
2012/04/01 09:08
こんにちは。
もうそちらでは、早咲きとは言いながらも桜が咲きだしたのですね。これから綺麗な京都が始まりますね。
京橋のお話楽しく読ませていただきました。ありがとうございました。
HT
2012/04/01 11:02
こんにちは。

いよいよ京都にも桜の季節ですね〜。
ソメイヨシノも来週は見頃になりますかね。。。
今日もけっこう寒いですが。。。
秋と春満開の京都には近づかないようにしてます(笑)。
大渋滞ですもんね。。。
トトパパ
2012/04/01 11:02
イヤー、京都のほうがはよおすなぁ〜
うちのほうはまだ咲いてません。
今年は本当に寒いんでしょうね。
我が家のさくらはやっと、彼岸さくら満開どす〜

かわいい桃色のさくらですね。
はりねずみ
2012/04/01 17:42
コメント、有り難うございます。
信州の山々も雪化粧がそろそろ薄くなって来る頃だと思うのですが如何でしょうか?
やはり梅から桜へと季節が動き出すと、ホントに春が来たんだと感じます。
先日の颱風で崩落した二条城の壁も修復されたので、京都観光の人々も楽しんでもらえると思います。
HTさんへ
2012/04/01 20:56
コメント、有り難うございます。
まだわずかではありますがサクラの季節が来ました。
つぼみも膨らんできたので、来週辺りから期待できると思います。
しかし観光都市京都、よく混むのでボク自身は反対に大阪や滋賀で何時も桜を愛でてたりなんかします。
大渋滞ですもん…。
トトパパさんへ
2012/04/01 20:59
コメント、有り難うございます。
今年の桜は遅いのか…それとも最近の桜が早すぎたのか解らないのですが、ちょっとずつ佳い感じになってきてウレシいです。
先日アップしたのはおそらく彼岸桜やと思うんですけれど、今回のんはなんて桜なんでしょ?
色が佳いから ま、ええか…で何時も済ましてるもんで…。
はりねずみさんへ
2012/04/01 21:03
アイルランドの優しい調べ〜♪
胸に沁みる〜〜〜〜。
桜、咲き誇ってますね〜。
写真の具合なんでしょうけど、花がとても大きく見えます。
一条戻り橋の由来、渡辺綱の鬼退治(羅生門でしたか!)、知らなかった。。。堀川の伝説といい、なんかなんか・・・なんていったらいいのか・・・京都ですねぇ。
黎明
2012/04/02 05:51
コメント、有り難うございます。
アイルランドミュージックって日本人の琴線に触れるというか、スゴく気持ちが佳いと思うんです。
今回の記事になんか合うんやないかと思ったのでした。
京都は色んな言い伝えがあります。
ただ千年も続いてたらなんなとあるわなァ…ッて云いながら過ごしてるんですけれどもネ。
夙川も趣のある川ですし、なんかあるんちゃいますやろか。
もしも出来ることでしたらば 教えて頂戴下さいませませ(さだまさしさんより)→書いてから恥ずかしくなってきた…。
黎明さんへ
2012/04/03 00:23
早咲きの桜、一条戻り橋、別のブログでも見てきた。
ピンクが可愛い花ですね。
桜を求めて、おーちゃん号は京都を走る
これからの季節、渋滞で市内は思うように走れないんでしょうね。
今日は、強風が吹き始めました。
えみりん
2012/04/03 13:19
早咲きの桜綺麗ですね
今日は春の嵐!なんですけど大丈夫でしょうか?
大渋滞でしょうが,やっぱり京の桜を見たいわ〜〜

有名な一条戻り橋ってこんな橋だったのね!
奥さんが怖がるから(奥さんが怖いから?)式神を橋の下におらせていた清明さん,このエピソード好きです〜〜
まゆみ
2012/04/03 14:58
 今 こちら 凄い雨・風で凄いことになっています 
 ((( ;゚Д゚)))
そちらは被害はなかったでしょうか? 

 濃いピンクの早咲き桜 河津桜の一種でしょうか? 
お花も大きめで 可愛らしいですねぇ (^^)
戻り橋 小さな橋なのにいろいろ言われ、伝説があって由緒ある橋なんですねぇ 
テーマソング カントリーなのに古風な音色に聴こえました 戻り橋のせいでしょうか? 
 
みなみ風 
2012/04/03 19:53
コメント、有り難うございます。
思っていた以上に風のキツい日になりました。
そちらの方は如何ですか?
京都はこれからとんでもない渋滞が始まると解っていながら、桜を求めてまたあちこち行くことになります。
今回敢えておーちゃん号と書かなかったのですが、触れてもらってウレシかったです。
えみりんさんへ
2012/04/03 21:47
コメント、有り難うございます。
今日のこの強い風、颱風でもないのになんなんでしょ。
これから京都は混雑するんですけれど、是非おこしやす。
晴明さん、愛妻家やったんか恐妻家やったんか…もはや神のみぞ知る。
でもたいがいの男は女性の爆発が一番怖いと思うんですヨ。
まゆみさんへ
2012/04/03 21:51
コメント、有り難うございます。
天気予報の精度が上がってるので 或る程度覚悟はしてたのですが、スゴい風でした。
この桜、どォやら河津桜のようです。
何処よりも早く咲くのでちょっとだけ春を感じてウレシくなります。
この橋の謂われ…色々あるんですけれど、個人的には渡辺の綱の伝説が一番心躍ります。
今回のテーマソング、思っていた以上にこの記事に合ってたようで ちょっと気に入ってます。
みなみ風さんへ
2012/04/03 21:55
綺麗なピンク色の桜ですね。あでやか。。。
一条戻り橋って、名前からしてなんだか意味深だわ・・と思っていました。おーちゃんさんゆかりの場所だったのですね。
京都はどこを歩いてもいろんな伝説や歴史が残っていて興味深いですね!
それから観光客じゃなくて、京都が地元の方ならではのお話がきけるのも、楽しいです♪
本当に・・間もなくいろんな種類の桜が咲くのでしょうね!うう・・・行きたい
桜子
2012/04/04 00:03
おーちゃんさん
こんばんは(^^)
強風の影響はどおですか?
綺麗なピンク色の桜たちは、散ってしまったかな・・・。
いつ行っても京都は混んでいて、桜や紅葉の時期を外してもすごい人・人・人ですよねェ〜。
おーちゃんさんのブログで四季折々の景色を楽しませていただいてます(^^)
《京都・一條戻橋。平安時代の陰陽師「安倍晴明公」をお祀りする神社。》は以前TVで紹介されていて、一度は訪れたいなァ〜と思っています。
詩音連音
2012/04/04 18:47
コメント、有り難うございます。
西堀川を北向きに走っていたのに 東側ですぐに目に飛び込んでくるくらい鮮やかな桜色でした。
一条戻り橋…当たり前みたいにその周辺で遊んだりしてましたので、意味深だとは全然思ってなかったんです。
今は晴明さんが有名ですけれど、正直なところ名前は聞いたことがあっても全然知らないと言ってもいいくらいだったんです。
今になって行ってみようかと思ってみたり…。
もしもお母さんの塩梅がいいようなら、是非京都へおこしやす(ここだけ京ことば)。
桜子さんへ
2012/04/04 21:04
コメント、有り難うございます。
強風なんですけれどスゴかったです、アンテナの向きを微調整しました。
まだ咲く手前だったので桜はなんとか大丈夫です。
京都はこれから混雑するんですけれど、春と秋だけではなく五月から先も佳いですよォ。
もォ間もなく葵祭も始まりますし、その辺に来ていただくのも佳いかと。
晴明神社、実は未だに行ったことがないもんでボクも一度は行った方が佳いかと思案してるところです。
詩音連音さんへ
2012/04/04 21:09
わーキレイ!!
こちらは雪の朝でした
桜の花が見れるのはいつになるのやら
ginko
2012/04/04 22:58
とてもきれいな桜ですね。「戻り橋」のいわくがとても素敵ですね。
京都は今頃が見ごろなんですね。紅葉も見に行ったから、桜も見に行きたいなぁ。とてもきれいなんでしょうね。車に散った花弁をつけて走っているのを見ると、あ〜、春だなぁと思いますね。
みっちょん
2012/04/05 14:55
わぁ〜桜だぁ〜
穏やかな小春日和はいつ訪れるのだろうか、乗鞍
戻り橋…地名や橋などもろもろ、名前ってつく理由がちゃんとあるんですよね。
松本平で信号待ちしてた信号の名前、、、「蛇原橋(じゃはらばし)」、、昔は蛇がこのあたりウヨウヨしていたのかぁ って思ったら、信号早く青になれーーっ!って思っちゃいました
ありママ
2012/04/05 16:11
コメント、有り難うございます。
キレイと言ってもらってあり難いです。
雪の朝って…やはりそちらは山の中、かなり冷えるんでしょうネ。
でも時間差があるので京都が終わってもそちらの方にまたは並みに行かれる方もいはるでしょうし、佳いんちゃいますやろか。
ginkoさんへ
2012/04/05 21:20
コメント、有り難うございます。
河津桜という品種らしくって、スゴくキレイです。
京都はまだ見頃まで行ってませんが、今日見た塩梅で三分咲きって感じです。
紅葉だけと違って桜の京都もよろしいですヨ。
是非こちらの方へおこしやす(ここだけ京ことば)
みっちょんさんへ
2012/04/05 21:22
コメント、有り難うございます。
安曇野に穏やかな小春日和…佳いですねェ、目の前にイメージが広がっていきます。
でも春スキーヤーの為に天地が安曇野に雪を残してくれてはるんかもしれません。
"蛇腹橋”蛇がたくさん居たん違て、アコーディオン作ってはる人が多かったや考えたいと思っちゃったりなんかしてしちゃったりなんかして(広川太一朗さんより)。
京都にも"蛇塚古墳"ってあるんですけれど、文字通り石室にたくさん蛇が居たからそォ名付けられたそうです。
ありママさんへ
2012/04/05 21:28
こんにちは^^
最後の桜が何とも心地よい。
フォーカスもナイスです。
今日はテーマ曲をじっくり聴きました。
おーちゃん、センス良いよね!

> 様々なさくら色が京都の街を 優しく包んでいくのだろう 

おーちゃん、詩人やね!(笑)
                 betty@@            
betty
2012/04/06 14:33
コメント、有り難うございます。
この日は風が強くってなかなかピントが合わなかったんです。
そんな中でこの写真はなんか佳い感じに撮れました。
ほめられ慣れてないので、今どォすればいいのか悩んでます。
ボクが詩人みたいって?
では期待に応えて一句
♪さくら色 餡にくるまる 餅ひとつ
        乙女の願い いかにとやせん
 
何書いてんだか 
bettyさんへ
2012/04/06 21:10
やっぱり桜は綺麗ですね。
桜を見ると、近場の桜並木とかでいいから見に行きたいなあ〜と思いますね。
我が家にも、お向かいの家にも桜があるんですけどね。桜並木となると見事ですから・・・見に行きたくなります。
にゃーご# 
2012/04/06 22:01
コメント、有り難うございます。
梅も佳いんですけれど、やっぱり桜が咲くとホントに春が来たとウレシくなってきます。
今日、堀川の二条城の前を通ってきたんですけど全日空ホテルの前もキレイに咲いてました。
二条城の修復もキレイに出来たので、以前通りの街並みになってきました。
にゃーごさんのとこもこれからスゴく賑わいはるんちゃいますやろか…ちょっと大変ですネ。
にゃーご#さんへ
2012/04/06 23:09
わぁ〜満開ですね〜

音楽も桜をのんびりゆったりと観るのにピッタリの曲ですね♪
桜を探して散策したくなるような、そんな感じのメロディですね^^
明美歌
2012/04/07 15:05
コメント、有り難うございます。
一条戻り橋を一昨日通ったんですけれど、そこはもォおおかた葉桜になっていました。
でもそれと変わるように少しずつ他のサクラが開き始めています。
今回のテーマソングはアイルランド民謡なんですけれど、日本人の琴線に触れるんでしょうネ。
今回の写真に逢いすぎてビックリしています。
明美歌さんへ
2012/04/08 01:10
こんばんは。
一条戻橋
未だ行けてません。
でもこちらで見せていただけたので 良いかな・・・
私もおーちゃん号に乗って、一緒に連れてってもらってます(*^-^)♪
マリー
2012/04/09 00:54
コメント、有り難うございます。
マリーさんが一条戻り橋へ行ったらへんって意外でした。
晴明さんが近いって事と鶴屋吉信、西陣織物会館が近いのでまた是非おこしやす(ここだけ京ことば)。
4/8に桜まつりと云うのがあったんですけど、この一条戻り橋の下でなんかしたはったみたいです。
まだまだあちこち行く予定です。
義務教育ちゃうからネ、ついて行けへんかったら置いてくヨ(と云いながらいつも置いてかれるこの私)。
マリーさんへ
2012/04/09 19:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像


powered by プロ野球Freak
 
春便り 一条戻り橋  いつものことではあるけれど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる