いつものことではあるけれど

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉だより Slow Breakup 

<<   作成日時 : 2017/12/13 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 28

紅葉前線は一気に速度を上げていった   

画像


 Slow Breakup / Art Garfunkel ※1

12月7日 
あざやかな柿の実色に染まっていた嵐山の街並みも 今や冬支度      
ホンの数枚 寒風に吹かれながらも堪え忍ぶ楓、いとあはれ  
 
画像

ほとんどの葉が土に還る準備をしている  

画像

12月8日 
笑みりんさんの記事を見て、日向大神宮の紅葉と十月桜が気になった 

画像

画像  
画像

あれほどあざやかに染まっていた楓もホンのわずかだけ残して 

画像


画像

12月11日 
毘沙門堂界隈はもはや冬ざれた街 
疎水沿いの楓の木に数枚 置いてけぼり 

画像


画像

帰り道、以前サラ&メルさんに教えてもらった平安女学院のイルミネーションを見に行く 
ちょとだけ遊んでみよかしらん 

画像

平安女学院近くにあるキリスト教会もすっかりクリスマスモード 
京都の街から秋は去って行った 



えっ、枯葉舞う街とイルミネーション見て秋の終わりを感じたの…って? 
いいえぇ それだけと違いますぅ 
帰りに寄ったお店屋さんで買ったこの方で秋の終わりを感じたんですぅ 


画像ただ哀しいお知らせが 
粒あんときなこのおはぎがボクを待っていると思っていた 
でもネ 
買いに行った時間が時間だけに きなこのおはぎが売り切れていたの 
どォ云うこと…いや、ひょっとしてまた… 
どんでん返しの秋が来るかもしんない! 


さすがにそれはないか 




今年最後の紅葉だよりとなりました 
来年もステキな紅葉が見られますように 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
※1 
スティーブン・ビショップ作の"スロー・ブレイクアップ"が収められた1988年のアルバム"レフティー"は、思いの外明るい 
7年前に出されたアルバム"シザース・カット"は亡くなった恋人のためのアルバム 
この"レフティー"はその哀しみから抜け出し、新たな一歩を踏み出した作品と言えるだろう 

ビックリしたのは R&Bの名作、パーシー・スレッジの"男が女を愛する時"のカバーを収めていたことだった 


 When A Man Loves A Woman / Percy Sledge  ※2 


ほとばしる想いを語るこの歌を、アート・ガーファンクルはどのように表現しようとしたのか 


 When A Man Loves A Woman / Art Garfunkel 

例えようが無いくらい美しいと思った 
静かに…想いとどめようとしながらも、あふれ出す想い 
今 アート・ガーファンクルはステキな恋をしてるんだろうな…ッとこの歌を聴いて思った 
このアレンジ、サウンドに違和感持つ人もいるとは思ったんだけれどネ 

このアルバムが出た時、とある音楽評論家が酷評した 
特に "男が女を愛する時”を 
音楽は自由でなければならない 
パーシー・スレッジと同じアレンジで唄う必要は無い 
表現の違いが生むマジックを聴きたいと思わないのか 
スティーブ・ガッドやニッキー・ホプキンスたちと このサウンドを作り上げたことの方がポップスにとって重要なことじゃないか 
そォでないとスタンダード・ナンバーは出来ない…ッと当時小学三年生のボクは思ったのだヨ 

えっ、最後の一言ですべて説得力無くした…って? 

※2 
パーシー・スレッジ版を作り上げたのはアラバマのマッスルショールズ・リズム・セクションのメンバーらしい 
このサウンドにあこがれたミュージシャンは数知れず 
ポール・サイモンもそのひとりで、2ndアルバム"ひとりごと”は彼らにバックを頼んでいる 

 Kodachrome / Paul Simon 

ポール・サイモンの推薦で アート・ガーファンクルはマッスルショールズ・リズム・セクションと共に、最高傑作”Watermark"を作り上げた  
それがボクの愛するポップスを解読するヒントのひとつになったのは言うまでも無い 
 


スタンダード・ナンバー 男が女を愛する時 
 http://312224.at.webry.info/200909/article_5.html 
男が女を愛する時 アゲイン
 http://312224.at.webry.info/201002/article_3.html


レフティー(紙ジャケット仕様)
SMJ
2012-10-10
アート・ガーファンクル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レフティー(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




When a Man Loves a Woman
In Memoriam
2015-04-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by When a Man Loves a Woman の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ひとりごと
SMJ
2013-03-06
ポール・サイモン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ひとりごと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


384



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 60
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
紅葉と楓の違いがわからない
よく見ると違うんでしようね
植物に弱くって...(^^;

きなことこし餡のおはぎが好きです!←言うてみただけです。
ヒロ
2017/12/14 07:21
こんにちは。

紅葉ももう終わりですね〜。
でも、まだ綺麗なんですね。
平安女学院でこんなイルミがあるんですか。
平安女学院ってうちの姉の母校ですわ。
トトパパ
2017/12/14 10:43
音楽は自由でなければならない。
そのとおりだと思います。
私が、いわゆるクラシック音楽が嫌いな理由はそこなのかもしれない。
コダクローム、懐かしおす。^^)
監督
2017/12/14 15:10
こんにちは!
紅葉も終わりですね。寒くなりましたね。
平安女学院のイルミネーション、綺麗です。学生さんたちの制作ですか?
アート・ガーファンクル懐かしい名前です。
eko
2017/12/14 18:20
今年もイルミネーションが綺麗ですね。ここのイルミネーションとすぐ近くの同志社大学のクリスマスツリーはよく見に行ったものですが、今年は年末までに京都へ行くことができるかどうかわからないので、おーちゃんさんのブログで楽しませていただきます。
サラ&メル
2017/12/15 01:40
こんにちは。
秋短し🍁既に山科は昨日白銀の世界。
なのにチューリップが小さな芽を出し始めました。
気の早いこと。
春咲き水仙が小さな芽を覗かせてます。
おーちゃんさんはあちこち行く途中?に楽しんでおられますよね。
冬はどこの神社かな。
おはぎ、お好きなよほで☺
今宮さん行きたい!あ〜何故かあの白味噌。思い出してしまった❗
winga
2017/12/15 11:06
美しい紅葉でしたね。
おーちゃんさん、カメラお上手だし、詩人でいらっしゃるから、世界に入ってしまいました。
アート・ガーファンクルのSlow Breakupもツボに入ってしまって、大好きになりました。When a man〜の方も素敵。アート・ガーファンクル、すごく好きかも。サイモンとガーファンクルはCDあるんですけど。飼いたくなってきました。いえ。買いたく。
keikoさん
2017/12/15 22:58
こんばんは!
京都も数枚の葉を残した木々が冬に入ったことを知らせていますね〜。昨日は雪もちらついたとか…
アート・ガーファンクルのSlow Breakup おーちゃんさんの撮った風景に見事マッチして、切なくて素敵です!
いつも選曲を楽しみにしています〜♪
komichi
2017/12/15 22:58
綺麗だった紅葉も終わり、雪が降っただの
ニュースでやっていますね。
この間、鈴鹿山脈を見たら、雪が積もって
いました。さぶならはずやわ・・・
秋はさみしい季節ですが、この紅葉が
見られる幸せだけはいいもんです。
おぉ〜O・Ha・Gi!!
さぶくなり、疲れた時に食べたくなる。
この昔風なおはぎ、いいですね。
りーにん
2017/12/16 22:09
こんばんは〜♪
その後、日向大神宮へ行かれたのですね。
そうそう桜が咲いていました。
後で写真で気づく私(笑)
真っ赤な木々の葉も来年の為に土に帰る(ステキな言葉)
世の中はクリスマスのイルミネーションに輝き、来年に向けて忙しくバタバタの毎日。
疲れた体には、おはぎ美味しいね〜。
笑みりん
2017/12/17 19:40
ガーファンクルのWhen A Man Loves A Woman
久々に聴きました…
有名な曲もすっかり彼バージョン^^

これからの時期、色んなシーンで映えますね
雪のペンションのベランダからキラキラした中で聴いてみたいかな。
らん太郎。
2017/12/18 00:39
『オータムリーブス』の世界ですね。
「絶え間なく 散り行く 枯葉よ♪」
見頃の時期の紅葉もいいけど、
少し色褪せた紅葉、風に揺れるモミジ、
地面に散り敷いた様子、そんな景色に
何とも言えぬ趣を感じます。
「風に散るおはぎ」になっちゃいましたね。
yasuhiko
2017/12/20 00:11
コメント、ありがとうございます。
楓が赤くなったんが紅葉と解釈してたんですけど、違たらどォしよォ。
実はボクもその程度なんです。
ヒロさんはこしあん派なのネ。
ボクは圧倒的に粒あん派。
でもこしあん出してもらっても喜んで食べる派なのでした。
ヒロさんへ
2017/12/20 22:19
コメント、ありがとうございます。
紅葉が終わるといきなり街は年末モードの混雑です。
平安女学院はいとこが通ってましたが、学園祭の呼んでくれませんでした。
呼んでくれてたらトトパパさんのお姉さんとすれ違ってたかもですネ。
このイルミは、サラ&メルさんの紹介で毎年見に行ってます。
サラ&メルさんとこのワンちゃんもかいらしいのです。
トトパパさんへ
2017/12/20 22:23
コメント、ありがとうございます。
音楽は自由でなければならないです、フォーク・ロックは特に。
でも歌謡曲の方がもっと自由なのかも。
なんてったってはやりが来たらすぐ乗りますもんネ。
監督さんへ
2017/12/20 22:26
コメント、ありがとうございます。
紅葉が終わると街はいきなり年末モードの混雑です。
寒さには弱いので困ってます。
平安女学院のイルミは誰が作ってるんでしょう…毎年同じデザインなので業者さんに依頼されてるのか、生徒たちが伝承デザインで作っているのか。
また調べておきます。
アート・ガーファンクルがともかく好きなのです。
あんな声出せたらと思ってます。
ekoさんへ
2017/12/20 22:29
コメント、ありがとうございます。
サラ&メルさんに紹介頂いてから毎年見に行ってます。
街並みの程々の暗さと、平安女学院独特の雰囲気がとてもステキなので。
同志社のも見に行きたいと思ってますが、烏丸の明るさと人波の多さで結局行けずじまいです。
あと一回はアップ出来るかと思ってますが、気まぐれが働くかもしれません。
サラ&メルさんへ
2017/12/20 22:34
コメント、ありがとうございます。
山科は山が間近に迫ってるので寒いんでしょうネ。
愛宕さんも時々雪を被ってます。
今年もあちこち行くことが出来て楽しかったんですけど、新しい神社参拝することは出来ませんでした。
どこに行こかこれから考えます。
おはぎ、好きよォ〜あなた〜今でも〜これからもぉ〜ってくらい好きです。
wingaさんへ
2017/12/20 22:43
コメント、ありがとうございます。
今年の紅葉は思っていた以上に美しく、ホント楽しかったです。
写真褒めてもらい感謝です。
でも詩人じゃないの、ふつうの少年なのヨ…信じて…。
アート・ガーファンクルを気に入ってもらった様子、購入は是非に…です。
やっぱり1st"エンジェル・クレア"から順を追って聴いてもらった方が佳いです。
2nd"ブレイク・アウェイ”はそれまでの透明感に官能的な香りを出すことに注力したようです。
そしてボクが最高傑作と思っているのが3rd"ウォーターマーク”。
発売当時、ラジオで全曲紹介してたのでカセットに録音したのですが、あまりの素晴らしさですぐに買いに走りました。
えっ、今 少年違て大人やん…って?
keikoさんへ
2017/12/20 22:52
コメント、ありがとうございます。
京都も冬になり、愛宕さんにも時々雪で白くなっています。
ほぼ毎年 アート・ガーファンクルの歌で秋を締めてるのは、彼の毅然とした佇まいがその風景に合ってるからなんです。
ただボクの撮った写真は 歌に負けてるような気がします。
もぉ少し腕を上げねば…。
komichiさんへ
2017/12/20 22:58
コメント、ありがとうございます。
紅葉が終わり、街は年末モード。
愛宕さんにも雪が積もったりすると 冬眠したくなるのはボクだけなのでしょうか。
鈴鹿山脈に雪積もりましたか…しばらくそちらの方には行けないかもです。
おはぎは健康食、コレがあれば風邪知らずという噂があります。
昔風のおはぎ、うるもちのはどんな言葉も必要も無いおいしさ。
明日また買おぉっとぉ。
りーにんさんへ
2017/12/20 23:10
コメント、ありがとうございます。
笑みりんさんの日向大神宮の記事見てたらいても立ってもいられなくなりました。
この頃お参りが多くて、写真撮るのも一苦労やったんちゃいますか。
茶色くなった落ち葉ももはや細かくなり、風に紛れて今までと違うところで土に還ったのもあるかもです。
疲れた躰におはぎ…天が与え給うた大切なお菓子やないかとこの頃本気で思ってるのは、食べたあとに元気出るからやと。
効果てきめんおはぎ。
コレはあまりステキや言葉やない?
笑みりんさんへ
2017/12/20 23:15
コメント、ありがとうございます。
アート・ガーファンクルのこの歌に対する想いがこのアレンジを呼んだのか。
試行錯誤はあったでしょうが、彼にしか歌えないものになってます。
ともかく大好きなバージョンです。
確かに雪が静かに降る光景を見ながらこたつでミカン食べながら聴く。
最高ですやん!
らん太郎。さんへ
2017/12/20 23:19
コメント、ありがとうございます。
"オータム・リーブス"の世界と云ってもらえるとは思ってもいなかったのでスゴくうれしいです。
何でもそぉですが、あともぉ少しで終わる…ッと云うのが一番美しい。
その儚さが日本人の美意識ではないかと思っています。
その儚さをおはぎにも感じるのはボクだけなのかもしれませんが。
yasuhikoさんへ
2017/12/20 23:23
枝で色づいて人々を感動させ、散ったら散ったで路上の絨毯となり人々の目を楽しませ、楓って健気というか献身的というか...楓を見習って私も枯葉になっても頑張らねば!(≧▽≦)
“When A Man Loves A Woman”は“煙が目にしみる”とともに好きで、たまに聴いていますし、この曲は現在も何かのCMで流れてますね。 
テンプル
2017/12/26 14:18
肝心なことを書き忘れてしまいました!

今年も1年間ご訪問いただき、私如きの拙いブログにおつき合いいただき本当にありがとうございました。
私は昨日で年内のブログを終えさせていただきました。
また来年もよろしくお願い致します。

どうぞ良いお年をお迎えくださいね。
ありが...基! おおきにぃ。
テンプル
2017/12/26 14:29
肝心なことを書き忘れてしまいました!

今年も1年間ご訪問いただき、私如きの拙いブログにおつき合いいただき本当にありがとうございました。
私は昨日で年内のブログを終えさせていただきました。
また来年もよろしくお願い致します。

どうぞ良いお年をお迎えくださいね。
ありが...基! おおきにぃ。
テンプル
2017/12/26 14:29
コメント、ありがとうございます。
こちらこそ一年間ご訪問頂き、またボクのオチの甘い記事を読んで戴いたことに感謝しております。
ボクもこの次に書いたので年内アップは終了しました。
昨日からかなり寒くなってきてますので テンプルさんも風邪など召されませぬよう、気をつけてお過ごし下さい。
佳いお年を。
テンプルさんへ
2017/12/28 01:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像




東京・渋谷の安い税理士事務所
紅葉だより Slow Breakup  いつものことではあるけれど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる