いつものことではあるけれど

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋するカレン 

<<   作成日時 : 2011/04/06 20:31   >>

ナイス ブログ気持玉 75 / トラックバック 0 / コメント 32


今回の記事は長いよォ…、ホントに個人的な思い入れだけで書いてるから 
ついていけない人は置いていきますよォ…、義務教育ちゃうんやからネ(大空テントさんより※1

◇◆◇◆ 

お正月の始め、山下達郎さんのFM番組 "山下達郎のサンデー・ソングブック”は聞き逃せない 

画像

なんてったって 毎年 "福生の仙人"ッと言われる あの御大、大滝詠一さんが "新春放談"という形で出てこられるからなんだ 

そして今年はあの ”A LONG VACATION 30th Edition”を3月にリリースするとのこと 
「今回はすごいよォ…純カラつきだからネ」の御大の言葉に 
今年もついて行きます…、っと改めて誓ったんだ 
そしてつらつらと あの頃のことを色々思い出しちゃったりなんかしちゃったりなんかして 

1981年 初夏 
姉貴や兄貴の部屋から聞こえてきた音楽… 
スゴく気になった 
ボクが使っていたラジカセのラジオからも流れてくるんだけれど、敢えて真剣に聴こうとはしなかった 

当時のボクは日本のフォークといおうか ニューミュージック(何故こんなネーミングになったのか、もひとつ解らなかったけど)ばかり聴いていた 
いわゆるフォークバカの状態と言おうか…  

或る日、姉貴が 
「あなたがこれを聴かないのは絶対におかしい」ッと言った 
姉貴はボクがカーペンターズやサイモン&ガーファンクル等の洋楽が元々大好きだったのを知っていた 
姉貴がそこまで言うんなら聴かなくッちゃネ 
 
まずは"君は天然色” 
たくさんの楽器が織りなす万華鏡のような音像 
”Velvet Motel"のギターのカッティングと、バックボーカルとの掛け合い 
シャウトする寸前でファルセットで歌う"我が心のピンボール”  
グングン引き込まれていった 

こォなること、なんとなく解ってたんだ   

そしてとどめの "恋するカレン” 
ボクが愛して止まないカーペンターズの"オンリー・イエスタデイ”と同じ空気を感じた                      ↑クリック 
でも"恋するカレン”に"オンリー・イエスタデイ”には無い”何か”を感じていた 
聴けば聴くほど、知りたくなる その”何か”があまりにも多すぎたんだ  

               恋するカレン / 大滝詠一 

その日からずっと頭から離れない 
ギターをもォすでに弾くようになっていたので、たいがいの歌なら楽譜なんか見なくても 聴いただけでコード進行はすぐに見えた 
しかしこの曲はギターでもピアノでも どんな風なコード進行をしているのか、さっぱり見当付かなかった 

今まで聴いてきたフォーク・ソング (ニュー・ミュージック)では考えられないコード進行だった 
ブルーグラスをしている友達にも手伝ってもらって 徹底的に調べたんだ 

♪ ふと眼が合う度 切ない色の 
  まぶたを伏せて 頬は彼の肩の上 


ここのコード進行は複雑すぎて、解った時のうれしさはどォ表現したらいいのか解らないくらい(ちょと大げさ) 

そしてサウンド構成 
エコーの掛かったドラムと、何かが起こる予感を誘うベース 
幾重にも重なって聞こえてくるアコースティック・ギター 
カスタネットなどのパーカッション 
女声コーラスと溶け込むように聞こえる 重厚な男声コーラス 
サビの所で遥か彼方に広がるティンパニーの響き 
楽器とコーラスの総力戦と言えばいいのか… 
ボクにとって、今も尚 理想的な音像だ  

またこのアルバムでビックリしたのは ダイナミックレンジ  
それまで レコードからカセットに録る時、録音レベルを合わせるのはスゴく楽だった 
たいがいの曲は 初めから最後までだいたい同じような音量で入っていた 
しかし、このアルバムの録音レベル合わせほど難しいと思ったことはない 
ひとつ間違えたら歪むし、ひとつ間違えたら迫力のない音になる 
レベルメーター(Vuメーター)とピークメーターを何度も見比べ、レベル調整しても 中々うまくいかない 
これがダイナミックレンジと云われるモノなんだと、その時 初めて理解した  
オーディオの勉強にもなったアルバムだった 

そして今年発売された ”A LONG VACATION 30th Edition” 
御大の予告通り バックトラック盤(言い方変えればカラオケ)が付いていた 
画像

聴いてみて まァ驚いたの驚いてないの…、いや 驚いたんですけどネ 
今まで聴く度に、コーラスパートを真似したり おそらくこんな風に弾いてるんだろうなァ…、ッと思っていたところがもっとひねってあったり 
"カレン”の最後のコーラスに ちょっとだけ柔らかい、霞のような声が入っているけれど、これほど効果的なものだとは…(ドゥーワップ風の所と違って) 

色んな発見があってウレシい至福の48分弱 
となると今度は "ナイアガラ・トライングル Vol.2”の30年が楽しみだったりなんかしちゃったりなんかして  


◇◆◇◆ 
※1
大空テントさんとは上岡龍太郎さんのお弟子さんで、年に数回しか見ることが出来ない伝説的な芸人さん 
上岡さんが引退なんかしなければ、時々テレビで目撃することが出来るであろうに… 
上岡さんのご子息、小林聖太郎さん(映画「毎日かあさん」の監督)の作品に時々出てくるらしい 


A LONG VACATION 30th Edition
SMR
2011-03-21
大滝詠一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by A LONG VACATION 30th Edition の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

レコード・コレクターズ 2011年 04月号
ミュージックマガジン
2011-03-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レコード・コレクターズ 2011年 04月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

大滝詠一 Talks About Niagara (トークス・アバウト・ナイアガラ)
ミュージックマガジン
2011-03-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大滝詠一 Talks About Niagara (トークス・アバウト・ナイアガラ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 75
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
大好きな曲、おーちゃんの解説でますます深く聴くことができます!ありがとうございます。胸がぐうっと切なくなってあつ〜い塊が心臓のあたりにぐわっと湧いてくるのです。私の青春が駆け巡ります。あ〜いいなあ、恋するカレン。カラオケ盤がついてるなんて、即買いです。ロンバケのCD、大事に聴いています。
ライブラ
2011/04/06 21:51
わお!懐かしい!
というより持ってますよ。このDVD。もとは旦那のでしたが私の方がヘビーに聴いてました。
恋するカレン、いい曲ですよね。
一度聴くと耳から離れない感じでした。
ああ悲しい女だね〜君は〜
なんて言われてみたい〜〜〜
なんちゃって。
Anne
2011/04/06 23:16
車の中に乗せっぱなしだった1981〜1982
赤いアコードに横浜の景子ちゃん
チューリップファンの2人がなぜ、いつもコレ??

そんな思い出が詰まった胸キュンアルバム
そんな風に話せるのも今となってはですけどねぇ

恋するカレンとスピーチバルーン
この2曲が好きです。
ひばり組らん太郎。
2011/04/07 00:30
達郎さんのサンデーソングブックの3月20日(だったと思います)の放送は思わず、ぐっと来ました。ここにも東北を思ってくる人がいる。そして、大人な気遣いをしていただけるトークレスの対応、希望という名の光をまともに聞けませんでした。岡村さんのPVもめっちゃよかって、たまりませんでした。
当然、大滝詠一さんの新春放談の仕事始めでの仕事納めも聞きますよ!
たかじい
2011/04/07 00:37
気持ち玉ありがとうございました^^

大滝詠一さん、私も大好きです。
ちなみにサイモン&ガーファンクルも好きですよ。
大滝詠一さんは、よくカラオケで歌います^^
恋するカレンとさらばシベリア鉄道は私の十八番です。
「恋カレ」「さらシベ」と言っています(笑)
サイモン&ガーファンクルはフォークギターで弾き語りですね〜。
大滝サウンドは独自のアレンジがあって、すぐわかりますよね〜。
ちょっと深めのリバーブ、バスドラムやティンパニーを使う等々^^
彼の曲を聴くと青春時代を思い出しますね〜。
らんぞー
2011/04/07 03:16
おはようございます。
うんうんと思って読んでましたよ^^
当時感じなったことが、今気になると言う曲あります。
大滝さんの声もいいな^と思ったし
歌の中の世界もいいなあ〜と思ったものです。
読んでたらいろいろ思いだしましたよ(*^_^*)
☆おばちゃま
2011/04/07 05:14
この曲には 歌詩よりもサウンドの方に思い入れがあります。
車の中でもはや ヘビーローテーション化しています。
ライブラさんへ
2011/04/07 07:27
えっ、このDVD持ってはるの?
佳いなァ、見てるだけでなんとなく癒されるモンね。
他の人からは「哀しい女だネ、君は…」って言われてたかもしれないヨ。
でも旦那さんからは 「君だけに…(ジュリー、もしくは少年隊より)」ッて言われてたりなんかして…それの方がホントに佳いよネ。
Anneさんへ
2011/04/07 07:32
ステキな思い出持ってはんのネ、ちとうらやまし。
前に財津さんと大滝さんが対談してるのを読んだことがあります。
二人に共通点があったのか盛り上がてた記憶があります。
スピーチバルーンのカラオケはウッドベースがキレイでした。
ひばり組らん太郎。
2011/04/07 07:35
あの日、達郎さんは”蒼氓”を掛けられましたネ。
生き続けることの意味、それだけを待ち望んでいたい…
ホントにそれしか言えない気分の二週間でした。
たかじいさんとボクは、新春放談を聞かないと年が明けたと思えないのかもしれませんネ。
たかじいさんへ
2011/04/07 07:39
大滝詠一さんからサイモン&ガーファンクルの影響は感じないのですが、ボクはこの二組からどれほど影響を受けたか 計り知れないモノがあります。
"アメリカ"という曲のドラムス、"恋するカレン”のドラムスの響きやエコーと音色に 共通する何かを感じました。
色んな事を感じた曲なのです。
らんぞーさんへ
2011/04/07 07:43
ホント、大滝さんの声って佳いですよネ。
今活動されてないのはもったいないと思うくらいです。
久し振りに 全編 他のことはなにもせずカラオケまで真面目に聴いて、スゴいレコードだったんだとつくづく感じ入りました。
☆おばちゃまさんへ
2011/04/07 07:46
大滝さんのサウンドは、いつ、何度聞いても「青春」「夏」って感じがして素敵です。透明感のある歌声は夏を感じさせますが、その中に清涼感もミックスされていて、若かりし頃を思い出させてくれます。。
かたつむり
URL
2011/04/07 08:01
うぉーーーっ…何に照れてるんだか意味不明、笑。

懐かしいですぅ、大滝詠一の恋するカレン♪
青春時代の胸きゅんな想い出いっぱいの曲
ありママ
2011/04/07 11:24
そォでした、海に山にあちこち"ロング・バケーション"のテープを持っていきました。
思い返せば ずっと車の中に入っています。
カラオケ、全部歌えました。
上手くはないけれど…。
かたつむりさんへ
2011/04/07 21:45
ボクもこの歌に少々照れる思い出があったりしますが、その話は内緒にしておきます。
この歌って、すごい人気なんですネ。
今回書いてみてこんなに反響があると思いませんでした。
長い文章なのにねェ…。
ありママさんへ
2011/04/07 21:47
うんうん
難しい事はよくわからないけど、、
このアルバムはぴか一って事は
わかる!!!
ginko
2011/04/07 22:55
 こんばんはぁ 

こんなに遅くに失礼します  今 大きな地震でまたまた大騒ぎ!  目が覚めてしましました (>_<) 
怖いですよぉ 」
大滝詠一さんの歌をはじめて聴いたのは キムタク主演のドラマ ラブジェネレーション 「幸せな結末」でした ロマンチックでした (*´ω`*)ポッ♪ 
  すみません それ以上のことは あまりよく知らなくって・・(^_^;)   おやすみなさい・・(^^)
  
みなみ風 
2011/04/08 01:17
おはよう^^
大滝詠一さんの「恋するカレン」…もうキュンと来ますね。
ちょっと、コード進行を見たのですが、E、G#m7、A、B7と続くので、、私にも弾けるのじゃ。。??なんて。。弾けない!弾けない!
#が入る関係…分からないもんネ。
ちょっと、調子に乗ってみたりなんかして。

以前もおーちゃん、大滝さんを取り上げていたね。
これは何ミュージックに入るの!?ww

               betty^^♪
betty
2011/04/08 06:30
能書きばかり書いてますが、ホントに画期的なアルバムだったんです。
未だに売れ続けているんですもん、よほどみんなの心に残ってるんでしょうネ。
ginkoさんへ
2011/04/08 07:24
スゴく大きな地震だったみたいですネ。
今まで経験してきたことの中でも一番慣れたくないことですもん、毎日余震で東日本の方は大変だと思います。
今回の記事はホントに強烈な思い入れの世界なのです。
でも、こんな記事にお付き合いいただいてウレシいです。
有り難うございました。
みなみ風さんへ
2011/04/08 07:27
そォなんですよネ、キュンと来るんです。
でも "キュンと”という歌はEPOの唄なので違う表現を考えたりなんかしちゃったりなんかして。
この歌は#も♭も色々入り組んでます。
コードを控えたノートを片付けてるので、いづれ改めて記載出来たらと考えてます。
大滝さんや達郎さん、ユーミンたちは当時 シティ・ポップと云われてました。
こちらの方が今のJ-Popよりも言葉としてあってると思います。
bettyさんへ
2011/04/08 07:33
「恋するカレン」最高ですよね。大滝さんの歌の中でも、ダントツで好きな曲です
レンタル屋さんで借りてきて、カセットに録音して、何度聞いたことか。わかりづらい歌詞の部分が解明された時の嬉しさ!ああ、もう最高
私の夏は、大滝詠一さんと共にあったのでした。
みっちょん
2011/04/08 11:55
"ロング・バケーション”を今までで何枚買ったのかなァ…、それでも毎回新しい発見があるから買うんです。
"恋するカレン"を聴いた時の何とも言えない感情を今も忘れることが出来ません。
みっちょんさんへ
2011/04/08 20:35
♪ふと眼が合う度〜耳コピしてみました。
D,E,A,F#m,G,E,B
(最近耳が壊れているのでこんなかなぁですけど…^^;)
Gに展開したとこのパァーと開けた感じが粋ですね♪
まゆみ
2011/04/09 13:00
やっぱり音感を持ってる人は鋭い。
ボクはギター、ピアノを屈指してやっと掴んだんですもん、耳コピはとても無理です。
当時友人とボクが解明したコード進行は
Bm7、E7、A,F#m、G、Em,B7、E だったんです(ほぼ一緒ですネ)。
実は後ろのEmは少し怪しいと思うのですが、Eで弾いてみるとどォか 一度調べてみます。
確かにあの部分でGを出すことによってEに戻れるし開放感が出るんですよネ、考え抜かれたコード進行とうなったんです。
まゆみさんへ
2011/04/09 19:00
あ。。。この曲、好きです。
姉がたぶん持っていて、聞いたことがあります。
ユーミンのは、ほとんど持っていて、その影響で私もユーミンが大好きです。
NAOMI♪
2011/04/09 20:55
こんばんは〜。
うお〜〜〜懐かしい♪
女子大生だった夏休みを思い出します。うふ♪
音楽的なことはよくわかりませんが、バンドを組んでた仲間たちの間で聞かれてましたね〜。
ひっさびさに聞かせていただきましたが、音楽はこの曲を聞いた時の温度や空気もぱ〜っと運んできてくれますね♪うくく・・・意味不明な笑いです。失礼しました。
桜子
2011/04/09 22:56
いとこのお兄ちゃんがユーミン大好きだったので、ボクもその影響で聞いたりなんかします。
"ロング・バケーション”にユーミンのご主人が参加されてるんですけど、遊眠亭主とクレジットされてます。
また大滝さんが作られた"あなただけ I LOVE YOU"と云う歌の歌詩をユーミンが評価してくれたと、以前どこかに書いてられたことがあります。
NAOMI♪さんへ
2011/04/10 15:26
今回書いてみて"ロング・バケーション”の中でもこの"恋するカレン”が圧倒的な人気曲だと云うことが解りました。
ホント、この曲を聴くと照れくさい思い出と音楽に本格的にのめり込んでいったことなんかを思い出します。
♪んんんん…照れくさい思い出が今 勝ち出しました、どォしよォ…。
桜子さんへ
2011/04/10 15:31
昨日は楽しかったです。有難うございました。
「恋するカレン」がレスリー・ゴアの「ルック・オブ・ラブ」だと申し上げましたが、1965年にクール・キャッツの歌った「ルック・オブ・ラブ」の歌詞は以下の通りです。
誰をみつめる ながいまつげ
かわいいあのひとみは
いまはもう僕を みつめてはいないさ
かなしい ルック・オブ・ラブ
今夜は誰と おどっている
やさしいあの姿は 
今はもう僕を 気にしてはいないさ
かなしい ルック・オブ・ラブ
僕は ひとりきり
誰かといっしょの
あのこを見つめては
心で泣いている

という歌詞です。漣健児御大の作品でした。
昨日、お借りしたCD、良かったです。
「It's So Fine」は秀作揃いですね。
有難うございました。
囃ハルト
2014/04/01 12:05
コメント、有り難うございます。
こちらこそ昨日は有り難うございました。
ボクにとってもスゴく楽しい一日でした。
早速クール・キャッツの"ルック・オブ・ラブ"をYouTubeで検索したのですが 見当たらなかったのがいと哀しです。
漣健児さんの訳詞だったとは!
それにしてもこの訳詞は素晴らしいのひと言です。
読めば読むほどその胸の痛みがせつせつと伝わってきます。

レスリー・ゴーアの"ルック・オブ・ラブ"は昨日も申し上げていたエリー・グリニッチの作品ですが、もひとつ想い出しました。
この曲とコニー・フランシスの"Don't Ever Leave Me"(この曲もグリニッチ作)のコーラスが同じパターンです。
以前アップした"アレンジ 動物園へ行こう http://312224.at.webry.info/201006/article_4.html"で作成した "Be My 動物園"はコニー・フランシスのをイメージしてましたが "ルック・オブ・ラブ"も入っていることに今気付きました。

"It's So Fine"喜んでもらえてなによりです。
"It's So Fine"はザ・タイガースの流れで持っていこうと想いましたが、何故"Buttercup〜"を持っていたのか…自分でも不思議です。
囃ハルトさんへ
2014/04/01 22:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像




東京・渋谷の安い税理士事務所
恋するカレン  いつものことではあるけれど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる